矯正治療をどこで受ければ良いか

矯正治療は一般的な歯科治療とは異なります。
一般的な歯科治療とは、虫歯や歯周病などの治療です。
患者さんは、歯が痛い、かめない、歯肉が腫れた、などの痛みや機能障害を感じて来院されます。
その「病的な状態」を「健全な状態」に戻して、痛みや機能障害を治すのが一般歯科治療です。

矯正治療は、ほとんどの場合が生まれ持った歯並びやかみ合わせを治療の対象とします。
患者さんは、元々その状態で生活してきており、良い状態を体験したことがありませんので、
痛みや機能障害を感じている方はほとんどいらっしゃいません。
一方、生まれ持った形についてコンプレックスをもっている方も多く、
体の痛みよりも心の痛みを対象とすることが多い医療です。
このように生まれ持った歯並びやかみ合わせを新たな状態へと作り変えるのが矯正治療です。
そのため、矯正医の技術、経験、感性、人間性が治療結果に強く影響する医療です。

矯正治療には長い治療期間がかかります。
お口の中全体を治療する場合には、歯を動かすだけで2~3年間、
きれいになった歯並びを留めておく保定治療期間も含めますと5~6年間の治療期間がかかります。
そのため歯科大学入学後の6年間という歯学教育の中では習得することができません。
国家試験に合格して歯科医師となった後に、大学病院矯正学講座などの矯正専門医療機関において5年程度の専門研修を修了する必要があります。

しかし残念ながら、日本の歯科医療制度においては、歯科医師免許をもっている歯科医師であれば、
専門研修の経歴を問うことなく「矯正歯科」という標榜を掲げることができます。
現在、全国の歯科医院数は約7万件。コンビニの件数(6万件)を上回っています。
全国で矯正専門の研修を修了した歯科医師は約3千人程度と考えられますが、「矯正歯科」を標榜している歯科医院は約2万件あります。

安全、確実な矯正治療を受けるためには、歯科医院選びはとても重要です。
その一助として、日本矯正歯科協会は、2004年から専門医制度を運営し、適切な矯正治療を担うことができる歯科医師を認定してきました。
また、2020年から日本矯正歯科専門医機関が、厚労省の基準を満たした専門医認定を開始しました。

日本矯正歯科協会
日本矯正歯科専門医機関

ふかまち歯科矯正歯科「矯正歯科」の認定証
「矯正歯科」の認定証
新聞記事
2005年10月19日(水)に読売新聞に掲載された
「矯正歯科」の技術認定についての記事

ふかまち歯科矯正 診療時間

診療時間
9:00~12:00
13:30~18:00

受付時間

平日(月・火・水・金) 午前 09:00~11:30 / 午後 13:30~17:00
土曜 午前 09:00~11:30 / 午後 13:30~16:30

休診日 木・日曜・祝日

※当院は完全予約制となっております。

※ご来院の際は、必ず電話にてご予約をお取り頂けますようお願い致します。

このページのトップへ